WACE Japan について

WACEの事業

WACE主催の国際会議

1. WACE World Conference(WACE世界大会)
WACE World Conference

WACEの会議の中では最大規模の国際会議で、20~30ヶ国、350~500名の参加者が集います。参加者は、主に教育機関、企業、学生や政府関係者です。
異なる地域や組織からの参加者のために、全体のテーマは幅広く設定されています。2年に1度開催されるこの会議は、全体会議と分科会からなり、全体会議ではキーノートプレゼンテーションや企業・教育機関・学生からなるパネルディスカッションなどが行われ、分科会では査読論文発表、ポスタープレゼンテーション、ワークショップ、ラウンドテーブル・ディスカッションなどが行われます。査読論文発表については、国際審査員のブラインドリビューによる厳格な審査が行われます。論文には、リサーチペーパーとディスカッションペーパーの2種類があります。

過去の世界大会の実績

1979Brunel University, London, England
1981Northeastern University, Boston, U.S.A.
1983Swinburne Institute of Technology, Melbourne, Australia
1985Napier College, Edinburgh, Scotland
1987HBO-RAAD, Amsterdam, The Netherlands
1989Mohawk College of Applied Arts and Technology , Hamilton, Canada
1991Hong Kong Polytechnic, Hong Kong
1993Dublin City University, Dublin, Ireland
1995University of Technology, Kingston, Jamaica
1997Cape Technikon , Cape Town, Republic of South Africa
1999Cooperative Education Association, Washington, D.C., U.S.A.
2001Suranaree University of Technology, Nakon Ratchasima, Thailand
2003HBO-RAAD, Rotterdam, The Netherlands
2005Northeastern University, Boston, Massachusetts, USA
2007Nanyang Technological University, Singapore
2009Simon Fraser University, Vancouver, Canada
2011Drexel University, Philadelphia, Pennsylvania, USA
2013Durban University of Technology, Durban, South Africa
2015開催報告Kyoto Sangyo University, Kyoto, Japan
2. WACE International Conference(WACE国際会議)
WACE International Conference

WACEの会議の中では中規模の会議で、15~25ヶ国、150~200名が参加します。International ConferenceはWorld Conferenceと交互に開催されます。World Conferenceが幅広いテーマを扱う一方、International Conferenceはよりフォーカスしたテーマで行われます。

過去の会議実績

2004年12月ニュージーランド(オークランド)
2006年6月中国(上海)
2010年6月中国(香港)
2012年6月トルコ(イスタンブール)
3. WACE International Symposium(WACE国際シンポジウム)

WACEの会議の中では小規模のイベントで、10~20ヶ国、75~150名の参加者が集まります。CWIEの質の確保、リサーチ、評価手法といった専門性の高いテーマに沿って行われる会議です。また、他の会議より小規模なため、論文発表に留まらず、セッションが参加型で進められ、最後に成果のディスカッションと取りまとめが行われます。

過去の会議実績

2005年6月アメリカ(ボストン)
2010年6月オーストリア(グラーツ)
2012年11月アメリカ(アトランタ)
2014年6月スウェーデン(トロールハッテン)

研 修

WACEでは、教育機関の担当者を対象にした研修を提供しています。

WACE Assessment Institute
CWIEプログラムと学生の成果の評価方法について、CWIEに長年携わっている専門家による教職員向けのプログラムです。このプログラムでは、 参加者が研修で得た知識を元に、自分の教育機関で実践できるようになることを目指します。

個別コンサル

CWIEを初めて導入する、または改善する政府、地方自治体、教育機関等に戦略や実施計画作りなど、個々の要望に合わせてコンサルティングを行います。

国際CWIE学生交換プログラム

WACE Global Institutional Partnerのために国際CWIE学生交換プログラムのプラットフォームを提供しています。
日本の大学向けには、国際インターンシップ学生交換プログラムのページをご覧ください。

出版物

HOME
PAGE TOP