NPO法人 WIL について

ビジョン

NPO法人WIL(ウィル)は、人材育成における産官学の連携を円滑にし、日本の「産学連携教育」の発展に寄与することを目的に活動しています。私たちは、産学官民の連携による人材育成の基盤作りを通じ、ひとりひとりが自ら未来を切り拓く社会の創造に貢献します。

産学官民の連携による人材育成の基盤作りを通じ、ひとりひとりが自ら未来を切り拓く社会の創造に貢献する
ひとりひとりが自ら未来を切り開くとは?

近年の日本は、国際競争力において減退方向に向かっているという意見もあります。それは産業構造の変化に伴い、結果を出せる人材の質が変化したにもかかわらず、企業も、個人も、学校も、その変化に対応していないからではないでしょうか。
1965年頃からバブルが始まる1985年ごろまでの産業構造は、"Industrial Economy"と称された重厚長大、大量生産の時代でした。知識と知恵を持ったパワーリーダがいれば、一人一人の能力が高くなくても経済が成長していける構造でした。つまり、個人が組織の中で「パワーリーダのクリエイトした知識や価値を使う」時代だったのです。
ところが現在は、 "Knowledge Economy"、知識創造と変化対応の時代へとシフトしました。
変化のスピードについていける判断力と知識創造力が個人個人に求められる。つまり現場で得た生の情報を知識化し、共有し、価値を生み出す力が必要であり、「誰かが確立した理論(知識)を使う」のではなく「カオスの中から学び理論(知識/価値)を生み出す」時代なのです。そのためには一人一人の能力の高さが必要であり、従来とは異なる教育が求められています。その教育こそ産学連携教育(Work Integrated Learning=WIL)に他ならないとWILは考えています。


ミッション

WILは新しい人材育成メソッド創りのプロデューサ

産学連携による教育の基盤作りを通じて学生・企業・大学でのベネフィットを社会全体に波及させ、社会的・外部経済効果を創出するのがWILの活動目的です。その為にはどのようなベネフィットを、どのような方法で創出するのかを考えなければなりません。それを考え実践するためのプロデューサとなるのがWILの役割です。皆さんが、主役です。

HOME
PAGE TOP